前へ
次へ

ドライバーとして働くのによい軽貨物の運送業者の選び方

軽貨物の運送のドライバーとして働く場合軽貨物の会社で働ける求人を探すといった形をとることが多くあります。
しかし様々な会社が存在しており、中には条件などが良くない会社も混ざっています。
こういった軽貨物の運送業者に引っかからないためには求人票のどういった点に注目すれば良いのでしょうか。
まず1つ目に注目するべき項目は残業時間がどの程度あるかです。
軽貨物を含む運送の業界では拘束時間が長くなることが珍しくありません。
そのため、残業がどの程度あるかは確認をしましょう。
残業がある場合は残業代の有無・支払い形態も確認しておきましょう。
みなし残業が多い軽貨物の運送業者や固定残業代を取り入れている会社の場合ブラック企業の可能性も高いため注意が必要です。
また拘束時間が1日何時間程度かも確認しておきましょう。
軽貨物などの運送業者の場合拘束時間が最大でも週2回16時間までとなっています。
ですので、休憩や食事時間などを含めた拘束時間がそれ以上になっていないかをチェックするようにしましょう。
次に確認するべき項目が休日です。
要相談など月に何日休暇があるかわからない軽貨物の運送業者の場合いざ入社してみるとほとんど休みを取得できないといったことになるケースもあるので、応募をするなら休日が明記されているところを選んだ方が安心です。
そして3つ目に注目すべきなのが福利厚生です。
手当の充実した企業なら実質的な賃金も増えるので応募するならやはり手当の多い軽貨物の運送業者の方が良いでしょう。
ただし、これらの手当が支給される条件のハードルが高くなっていないかなどは企業に関する口コミをチェックするなど応募前に調べておくことがおすすめです。
これ以外にもいつもドライバーなどを募集している軽貨物の運送業者も避けた方が無難です。
いつも人員を募集している=労働環境の悪さなどの何かしら人が定着しない理由があると考えられます。
人員募集をいつも行っている運送会社は求人サイトなどでマッチングしても候補からは外しておいた方が良さそうです。

関東圏を中心に軽自動車でお荷物配達
23区はもちろん他府県への配達もお任せください

Page Top